"平成の石川啄木”が気になること

巷では"平成の石川啄木”と言われています。私は詩人ではありません。短命の可能性はあります。広告業界で働く若武者です。日々感じることをありのままに綴っていきます。

「2018年ロシアW杯最終予選 日本VSタイ 甘口採点」

「安太郎 飲み会呼んだら 盛り上がる」 by平成の石川啄木

 

テレビ朝日のサッカー中継は内容よりも松木安太郎さんの解説に注目してしまう平成の石川啄木です。

 

実は僕、幼少期からサッカーをやっていてバリバリのサッカー好きなのです。

 

昨日はW杯最終予選「日本対タイ」の試合がありましたね。

初戦でUAEに惨敗し、

W杯最終予選初戦で負けたチームのW杯出場確率0%

のジンクスを背負ってしまった我らが侍ブルー。

そのジンクスを打ち破りW杯出場はできるのか!!

ということで、昨日の試合の採点はとんでもなく甘く評価します。

(辛口採点はあっても甘口採点ないからね 人間は批判が大好き)

 

2-0で見事勝利!素晴らしい!

 

採点(10点満点で評価)

まずは、この人・・・

 

解説:松木安太郎 9.8点

解説界のイチロー

この人なくして今のサッカー人気はないでしょうね~

まず彼の素晴らしいところ

【選手を背番号付けで言う】

「17番の長谷部選手ね、キャプテンね」のように!

サッカーを知らない人でも楽しめるようにと気遣いが見られる。

でもその後の解説が、

「17番の長谷部選手ね、キャプテンね、いいね~」

あまりに内容がないので-0.2点。w

 

GK:西川周作 10点

川島永嗣の影で出番が中々なかった苦労人

GKはいつも責められるポジション。

少しのミスが命取りとなり、失点に繋がる。

そんな中タイ戦は見事無失点。

文句なしの満点だね。

 

DF:森重真人センターバック) 8点

ボールの空気圧をよく確かめた

ボールの空気圧を確かめてイエローカードをもらった6番森重選手。

この緊張感のある試合でよくも試合を止めてボールの空気圧を確認したよ。

彼の勇気に高得点だね。

ただ、二度同じことをしたら日本代表クビだろうね。

 

DF:吉田麻也センターバック) 8.5点

ひげを整えてきた

吉田選手、この試合は目立たつプレーは特になかったね。

ただ、ディフェンダーとして目立たないのはある意味安定しているという評価にも繋がるので素晴らしこと。

それよりも彼のひげには目がいくね。UAE戦はもう少し無精髭だったが、タイ戦は整えてきたね。

ハリルから怒られたのかな・・・。でもよく整えた。8.5点。

 

DF:酒井高徳(左サイドバック) 8.9点

切り替えし以外は完璧

冷静なプレーが光っていた酒井高徳選手。

あとは、あのぎこちない切り替え(逆方向にボールを動かかす技術)はなくしたいね。

タイ相手だから通用するものの強豪相手では・・・

 

DF:酒井宏樹(右サイドバック) 9点

アゴで威嚇

酒井宏樹選手はアゴが特徴的。

スローインの時は相手を威嚇して見事攻撃の起点となるスローインを連発。

先制点も酒井宏樹選手からのナイスクロスから。

お見事。

 

MF:長谷部誠ボランチ) 7.7点

視聴率が上がる要因を作った

W杯2大会連続でキャプテンマークを巻く、絶対的主将の長谷部選手。

その活躍はピッチ内に留まらずピッチ外でも活躍してるね。

甘いマスクに女性ファンが多い。

彼が女性ファンを囲いこんでいるのも視聴率の向上につながっていると思うよ。

でもミスパスは気をつけよう・・・

 

MF:山口蛍(ボランチ) 10点

職人

山口選手はこの試合で一番良かったなーと思う。

相手の攻撃の機会を徹底的に潰していた。

危機察知能力が高く、今の日本代表には欠かせないのではないかな。

ドイツから逃亡してきたのは少し残念だけど、また這い上がってほしい。

マン・オブ・ザ・マッチではない。

 

MF:本田圭佑(右サイドハーフ) 1点

彼の力はこんなものじゃない

僕の大好きな本田圭佑選手。

本当は10点付けたいところだけど、勝ったから1点。

W杯予選7戦連続ゴールと紛れも無く日本代表のエース。

今は色々な批判があるけど、彼が今まで日本を救ってきたのは確かだし、

今後も彼は日本を助けると思う。

「空振りはもっと成長しろという神のお告げですね」

じゅんいちダビッドソンがそんな真似をするのではないかな。

 

MF:香川真司(トップ下) 1点

このままではモノマネ芸人に負ける

本田選手と並んで日本のエース。

エースとしては1点だね。

彼は本当に技術が高い選手。技術はワールドクラスといっても過言ではない。

そんな彼が得点に絡めていないのは日本の不安要素。

彼自身危機感は感じていると思うが早く復活しないと日本は危ない。

モノマネ芸人の方が活躍している・・・

 

MF:原口元気(左サイドハーフ) 10点

文句なし

ゴールを奪った。

ゴール以外はもちろん、イージなミスやシュート精度を欠く部分があったけど、

そこは次回の課題として修正していけばOK

ナイスゴール!(ひとりごと:女性ファン増やすためにもっと笑おう)

 

FW:浅野拓磨センターフォワード) 10点

文句なし

今大会最年少の浅野選手。

初先発にも動じず素晴らしい活躍だった。

自分の強みをしっかり分かっていて、その強みであるスピードを活かしたゴールだった。

期待の高い選手だと思う。

先輩に遠慮せず、パスを要求すればもっと得点機会に絡める。

 

途中出場の選手は出場時間が短いため評価できず簡単メモ

 

武藤嘉紀選手

顔がかっこ良くて女性に人気

 

宇佐美貴史選手

もう少しベンチでのアップ頑張ろう

 

小林悠選手

もっと存在感だしていこう

 

ベンチのコーチ -100点

試合中に欠伸をしていた

これはしかるべき罰をうけるべきだね。

 

 

以上を踏まえてマン・オブ・ザ・マッチは・・・

 

解説の松木安太郎さん です!

試合をコントロールし、視聴者を盛り上げましたね。次回もテレビ朝日に期待。

 

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20160907114117j:plain