読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"平成の石川啄木”が気になること

巷では"平成の石川啄木”と言われています。私は詩人ではありません。短命の可能性はあります。広告業界で働く若武者です。日々感じることをありのままに綴っていきます。

最強商人~オグ・マンディーノ~後編~

前回の記事

heiseino1990ishikawatakuboku.hatenablog.com

平成の石川啄木がオススメする本。「最強の商人」

今日は後編の紹介ですよ~。

商人(=世の中のセールスマン)に向けた、ビジネス書?自己啓発書?

のような本です。

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20161103181639j:plain

僕は道に迷った時にこの本を読むようにしています。

"自分の軸"というのは一つ持っておくのはとても良いことです。

最強の商人は物語になっているのですが、その中で10のことを書いた巻物が出てきます。今回は巻物の中身を少し紹介させて頂きますね。

(※箇条書き 後編5巻分。)

 

巻物の第6巻

  • 今日、私は感情の主人になる。
    • 日々を生産的にするためには感情を支配することが大事
    • 弱者とは、自分の感情が行動を支配するのを許す人のことである
    • 強者とは、自分の行動によって感情を支配する人のことである
    • もし
      • 気分が沈んでいたら、歌おう。
      • 悲しかったら、笑おう。
      • 気分が悪かったら、倍仕事をしよう。
      • 怖かったら、頭から飛び込んでゆこう。
      • 劣等感を感じたら、新しい服に着替えよう。
    • もし
      • 自信過剰になったら、失敗したときのことを思い出そう。
      • 贅沢になったら、昔の飢えた日のことを思い出そう。
      • 自分が全能だと感じたら、風を止められるかどうか試してみよう。
      • 巨大の富を得たら、飢えている人のことを思い出そう。
      • 自分の技が誰にも負けないと感じたら、星を見上げよう。

 

巻物の第7巻

  • 私は世間を笑おう。
    • あらゆる生物の中で笑うことができるのは人間だけだ。
    • 悩みも苦しみも楽しさも嬉しさも過ぎ去っていく。
    • 今日の喜びは今日のうちに目一杯楽しもう。
    • 笑うと全ては適正な大きさへと変化する
      • 自分の失敗を笑えば、失敗は新しいところへ消えていく
      • 自分の成功を笑えば、本来の大きさになり過大評価はなくなる
    • 笑うことができれば決して貧乏にはならない

 

巻物の第8巻

  • 今日、私は自分の価値を100倍にする
    • 今日の目標を設定してから、今週の目標、今月の目標、今年の目標、人生の目標を設定する
    • 目標を高くして心配する必要はない
      • 月を狙って投げた槍が外れて鷲に当たるほうが、鷲を狙って岩に当たるよりずっと良いからだ。
    • たとえつまづいても決してあきらめない
    • 他人の業績を超えることは重要ではない
      • 自分の業績を超えることが重要である
    • 一つの目標をクリアしたらまた新しい目標に向かう

 

巻物の第9巻

  • 私は今、行動する
    • 恐怖心を克服するためには「ためらわずに、直ちに行動をする」
      • 行動すればライオンのような恐怖心もアリのように小さくなる
    • 今日の仕事を後回しにして明日に持ち越そうとは思わない
    • 私は今行動する、私は今行動する 何度も言い続ける

 

巻物の第10条

一言では言い表せないので、ここまでに興味を持って頂いた方は是非本を読んでみてください。

 

以上、平成の石川啄木より。