革命児4号の日々

ゆるく記録していくよ。

【上映中】「ザ・サークル」を鑑賞しました

絶賛上映中のザ・サークルという映画を観に行ってきました。

映画『ザ・サークル』公式サイト

 

今回見に行った理由は、#SNS というキーワードが目に止まったからです。

近頃は個人がSNSを通して自分自身を表現する、つまりはプライバシーを開放する文化が進んでいます。(instagramやストーリー)

 

まさに、ザ・サークルという映画は、SNS、プライバシーというバズワード軸にした映画。

「世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェンジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てアイドル的な 存在になる」

というのが大枠のあらすじです。

 

映画比較サイトなど、ネットの評価では軒並み3点台評価が続く映画のようですが個人的にはとても考えさせられる部分が多かったです。

 

人は本当にプライバシーを望んでいるのか?

オープンになる世界とクローズドな世界。どちらが幸せなのか?

そんな事を思う内容でした。

 

面白さ、スリル、感動って部分では少し物足りないのでそれが3点台の評価かなって思います(笑)

あ、そうそう。

館内は企業に勤める人、特に経営層の人が多かった印象です。人によってはすごい魅力的な映画なのかもしれませんね。

 

最後

オススメ度:2.5点(5点満点中)

あらすじや口コミを見て、評価もみた上でも興味が持てる人は見た方が良い。そんな映画です。

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20171111145235j:plain