"平成の石川啄木”が気になること

巷では"平成の石川啄木”と言われています。私は詩人ではありません。短命の可能性はあります。広告業界で働く若武者です。日々感じることをありのままに綴っていきます。

2016年10月スタート キャリア(玉木宏主演)

魔のフジ日曜9時 by平成の石川啄木

どうも、平成の石川啄木で~す。

ブログを書き始めて、徐々にテーマがバラバラになってきた。(笑)

もう関係ないから色んなこと書くぞ!

ということで、ドラマ評価はじめましたとさ~

 


啄木のドラマ評価の評価基準
平均は3点、満点は5点
評価項目はこんな感じ
・途中からでも見られるドラマか
・脚本の魅力
・出演者の魅力
・啄木の評価

街をぶらつき悪を成敗する人気時代劇「遠山の金さん」が現代に蘇る!?

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20161011085140j:plain



2016年10月9日(日)21時から放送開始のドラマ「キャリア~掟破りの警察署長~」(フジテレビ)は、まるで刑事ドラマと時代劇が融合したかのような異色作。主人公を玉木宏さん、ヒロインを瀧本美織さんが演じます。

「キャリア~掟破りの警察署長~」とは?
キャリア出身の警察署長が、まるで人気時代劇「遠山の金さん」のように、街をぶらつき悪を成敗…ならぬ、事件を解決していくという本ドラマ。

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20161011085203j:plain



机にふんぞり返っている従来の署長像とは全く異なる、遠山の金さん=ヒーロー…これぞ、市民に寄り添う真のヒーローかもしれません。

そんなキャリア出身の警察署長・遠山金志郎は、Tシャツ、チノパン、カーキのコート…今どきの若者風ファッションで身を固め、振りかざすのは、桜吹雪の入れ墨ではなく、“桜田門”から拝領した警察手帳!

この主人公・遠山金志郎を、イケメン俳優・玉木宏さんが演じます。なお、配属されたのは「北町署」…となれば、「南町」は?と思うもの。

もちろん、ここも時代劇のセオリーは踏襲されています。北町といえば南町と対立するのが常。そして、キャリア署長と対立するのは決まってノンキャリアが相場。その、ノンキャリアの刑事課係長・南洋三を高嶋政宏さんが演じます…“南”で繋がりました(※隣町にある南町署とは関係性が悪い模様)。

当然、時代劇には爺や的存在も欠かせません。主君がとんでもないことばかりして、あたふたするのが真骨頂…。ドラマでは柳沢慎吾さん演じる副署長・半田順二がそのポジションとなります。

2016年10月期クールは刑事モノドラマがほかのクールよりも格段に多く、なかでも「遠山の金さん」をモチーフにした本作は、なかなかの異色作かなと。

視聴率低迷で青色吐息のフジテレビですが、さらに低視聴率ばかりの「日9枠」ドラマに、ついに希望の兆しが見えてきたかもしれません…。玉木宏さんよく引き受けたな(笑)

キャラクター&キャスト紹介


<遠山金志郎/玉木宏

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20161011085341p:plain
とおやまきんしろう。北町署の署長。警視庁人事部出身で、キャリアの中でもエリートコースにいる。現場を希望しており、念願かなって北町署に赴任。飄々としているが、洞察力は鋭く、意思を曲げない頑固さがある。カジュアルな服装で街に出るため、警察署長だと気づかれない。

<相川実里/瀧本美織

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20161011085431j:plain
あいかわみさと。刑事課の新人刑事。正義感が強く頑張り屋で真面目。周りから1人前として見てもらえず雑用ばかりを押し付けられている。早く刑事として認められたいのに、署長の面倒を見るはめになり不満がたまるが、次第に金志郎の影響を受け成長していく。


<半田順二/柳沢慎吾

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20161011085404j:plain


はんだじゅんじ。副署長。絵に描いたように権力に弱く八方美人だが、叩き上げの刑事に凄まれるのも怖い…。殿に仕える爺やのように、なにくれとなく金志郎を心配するが、金志郎を問題なく警視庁に返すのが目標。噂話が大好きで口が軽い。

<青木忍/松本岳>
あおきしのぶ。制服警官。署長の金志郎が気さくであることに感動し、尊敬する真面目な青年。

<加納理香/知花くらら
かのうりか。ヨガの講師。社交的で顔が広い。バスジャック事件に巻き込まれたことで、金志郎と知り合った。ヨガ教室には金志郎や実里も通う。

<南洋三/高嶋政宏
みなみようぞう。刑事課係長。高卒からの叩き上げの刑事で、現場主義。過去にキャリアの指示ミスにより尊敬していた刑事が殉職。以来、キャリアへの反発心が強まった。金志郎とはスタンスから捜査方針まで意見が合わず、現場にしゃしゃり出ることが許せない。

 

第1話感想


そして、
早速、第1話を見ましたので。感想書き~す。(ネタバレ注意)

日曜日の21時に重いドラマは嫌ですよねー。
そういった点では主演玉木宏さんが明るいキャラクター設定なのはかなり好感もてます。ストーリーは割りと一般的な刑事ドラマ。
あ、何か違うな?というのはありません。
ただ、署長が現場で事件解決をする設定は他にない設定かもしれませんね。

1話は、2つの事件が起きます。
連続強盗犯を追う高嶋政宏率いる現場職員達。
スプレーの悪戯を追う署長玉木宏と新人刑事瀧本美織
スプレー事件を軽んじる高嶋政宏に対して、
玉木宏はそれぞれの事件には関係性があるとしスプレー事件解決に調査を始めます。
無事スプレー事件を解決し、連続強盗犯の逮捕のヒントを得ることができました。
事件を解決したものの、高嶋政宏玉木宏のやり方に対して猛反対。
キャリアvs現場の争いがスタートしました。(多分仲良くなるだろうけど(笑)

さて、評価です!

途中から見られるドラマでしょうか?
1話完結型なので、途中からでもみられます。

脚本はどうでしょうか?
遠山の金さんをモチーフにしているとの事ですが、
遠山の金さん分からない・・・
僕らの平成世代にはピンと来ないかもしれませんね。
ただ内容的にはまあまあ面白いですよ。
ちなみに、ドラマの脚本を担当するのは、2012年に「フジテレビヤングシナリオ大賞」を受賞した小山正太氏です。小山氏は、2015年10月期の石原さとみさん主演ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」の脚本を担当しており、高視聴率をマークしました。
小山さんは29歳です。若い。むしろほぼ平成世代やん。。。

出演者の魅力はどうでしょうか?
玉木宏さん、瀧本美織さん、高嶋政宏さん、とかなり豪華です。
そして演技力の高い役者さんを揃えた印象はありますね。
玉木宏さんの明るい一面と裏に秘めた一面の2つの演技は注目。
高嶋政宏さんも安定の演技力。

啄木の評価はどうでしょうか?
次回も録画しました。(笑)
やっぱり気軽に見られるのは良いですね。
終わり方もスッキリしているので、翌日の仕事開始に向けて支障がないです。

【点数】
途中からでも見られるドラマか
★★★★★(5点)
脚本の魅力
★★★☆☆(3点)
出演者の魅力
★★★★☆(4点)
啄木の評価
★★★★☆(4点)

TOTAL:16点(20点満点)
上々~

大手広告広告が立案"ニセ売春サイト"が法律を変えたお話

広告には法律を変える力がある 悲しき事実を伝えるのも広告の役割 by平成の石川啄木

 

こんにちは、石川啄木です。

今日は真面目な投稿です。自分の仕事に関係する内容になります。

 

最終的に国を動かしたショッキングな取り組みご紹介します。

手法への疑問を感じる人もいるかと思いますが、問題提起として強大なパワーを発揮したことは、間違いないと思います。

 

キャンペーン概要

時期:2016年
国名:フランス
企業/ブランド:McCann Paris
業種:広告会社

 

思わず目をそらしたくなる、でも、これが現実

常に“彼女たちを買う”顧客からの暴力の危険にさらされている売春婦たち。これまでに目を疑うような悲惨な事件が世界各地で数多く起きています。

今回、大手広告会社McCannパリ支社はフランスのNGO団体「Le Mouvement du Nid」と協力し、市民に彼女たちの痛ましい実情を知ってもらうためのキャンペーンを実施。本取組みは政府をも動かすほど、大きな議論を巻き起こしました。

同社が作ったのは、一見売春サービスのサイトのように見える『Girls of Paradise』

 

 

 実はこのサイトに載っている売春婦たちは全て、“彼女たちを買った”顧客の暴力により死亡した女性たち。例えば刃物で12箇所も刺されたり、拳で殴打されるなど、想像を絶する悲惨な状況で発見された女性もいるのです。

 

 

そうとも知らない“顧客”は、サイトを見て気に入った女性に電話をかけます

電話に応答したスタッフが伝えるのは、その女性の身に起こった残酷な真実。

まずは、既に彼女が死亡していることを伝えます。そして続けて、その女性が“クライアント”にどのようなことをされて死亡したのか詳細まで伝えます。

聞いていられないほどの悲惨な話に、電話をかけてきた人も思わず「ノ------------」と絶句。

 

またチャットで連絡をしてきた“クライアント”には、事件の写真を見せてその悲惨さを伝えます。

電話の件数は、最初の1週間だけでも600件以上

チャットとなるとその数は数千件にも上ります。

このキャンペーンをきっかけに、買春をめぐる問題はメディアでも大きく取り上げられるようになり、今年の4月にはついに買春行為を違法とする法律が制定

 

まさに買春しようとしているタイミングの“クライアント”たちに悲惨な現状を伝え、事態の深刻さを実感してもらおうというアプローチ。

メディアと世論を巻き込み、最終的には国を動かすきっかけにまでなった大手広告会社による社会的啓蒙活動でした。

大阪出張で飛田新地を訪問!衝撃!

「これぞ、日本の文化だ!」

大阪にある飛田新地で衝撃をうけた平成の石川啄木です。

 

先日出張で大阪に行きました。

商談を終え、僕と上司は噂で聞いている飛田新地を観に行くことになりました(あくまで観光ですよ笑)

噂で聞いたことは

飛田新地は異次元」

飛田新地は風○街」

飛田新地は料亭」

え!?どんなどこだよ。ってイメージもつきませんでした。

 

まず、僕らは大阪新世界(通天閣があるところ)の入り口から入りました。

そこで瞬時に思ったこと。

「治安がとてつもなく悪い」

正直飛田新地にたどり着けるのかな・・・と思いましたね。

 

細い商店街をビクビク歩くこと15分。料亭が連なる街並みが見えてきました。

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20160917120015j:plain

あ~これが料亭と言っていたやつか!

「案外普通なところだね~」なんて上司と話していたのもつかの間・・・

 

料亭からおばちゃんの声がしました。

なんだなんだ。

「よく見てみるとそこにポツリと女の子が座っているではないですか!」

おばちゃんは必死に声をかけてきます。(客引きです)

なるほど、全てが繋がった瞬間でした。

 

料亭とはあくまで風営法を免れるための口実に過ぎず、実際は遊郭(風○街)でした。

各料亭に看板娘(風○嬢)が人形のように笑って手をふってきました。

料亭は何通りにも連なっていておそらく100件はゆうに超えるのではないかと思います。気になる看板娘はアイドル、モデルレベルの子がずらりと・・・

僕は衝撃をうけました。日本にこんなところがあるのかと。

もちろん、あくまで観光として行ったので料亭に入ることはしませんでしたが、とても記憶に残るスポットでした。笑

実際の料亭について気になる方はこんな記事読めば良いかなと

初めて飛田新地へ行った結果www(遊び方編):週報!週末の過ごし方 - ブロマガ

 

一つ言えることは飛田新地は日本の文化として是非とも残してほしい。

楽しい大阪出張でした。

「2018年ロシアW杯最終予選 日本VSタイ 甘口採点」

「安太郎 飲み会呼んだら 盛り上がる」 by平成の石川啄木

 

テレビ朝日のサッカー中継は内容よりも松木安太郎さんの解説に注目してしまう平成の石川啄木です。

 

実は僕、幼少期からサッカーをやっていてバリバリのサッカー好きなのです。

 

昨日はW杯最終予選「日本対タイ」の試合がありましたね。

初戦でUAEに惨敗し、

W杯最終予選初戦で負けたチームのW杯出場確率0%

のジンクスを背負ってしまった我らが侍ブルー。

そのジンクスを打ち破りW杯出場はできるのか!!

ということで、昨日の試合の採点はとんでもなく甘く評価します。

(辛口採点はあっても甘口採点ないからね 人間は批判が大好き)

 

2-0で見事勝利!素晴らしい!

 

採点(10点満点で評価)

まずは、この人・・・

 

解説:松木安太郎 9.8点

解説界のイチロー

この人なくして今のサッカー人気はないでしょうね~

まず彼の素晴らしいところ

【選手を背番号付けで言う】

「17番の長谷部選手ね、キャプテンね」のように!

サッカーを知らない人でも楽しめるようにと気遣いが見られる。

でもその後の解説が、

「17番の長谷部選手ね、キャプテンね、いいね~」

あまりに内容がないので-0.2点。w

 

GK:西川周作 10点

川島永嗣の影で出番が中々なかった苦労人

GKはいつも責められるポジション。

少しのミスが命取りとなり、失点に繋がる。

そんな中タイ戦は見事無失点。

文句なしの満点だね。

 

DF:森重真人センターバック) 8点

ボールの空気圧をよく確かめた

ボールの空気圧を確かめてイエローカードをもらった6番森重選手。

この緊張感のある試合でよくも試合を止めてボールの空気圧を確認したよ。

彼の勇気に高得点だね。

ただ、二度同じことをしたら日本代表クビだろうね。

 

DF:吉田麻也センターバック) 8.5点

ひげを整えてきた

吉田選手、この試合は目立たつプレーは特になかったね。

ただ、ディフェンダーとして目立たないのはある意味安定しているという評価にも繋がるので素晴らしこと。

それよりも彼のひげには目がいくね。UAE戦はもう少し無精髭だったが、タイ戦は整えてきたね。

ハリルから怒られたのかな・・・。でもよく整えた。8.5点。

 

DF:酒井高徳(左サイドバック) 8.9点

切り替えし以外は完璧

冷静なプレーが光っていた酒井高徳選手。

あとは、あのぎこちない切り替え(逆方向にボールを動かかす技術)はなくしたいね。

タイ相手だから通用するものの強豪相手では・・・

 

DF:酒井宏樹(右サイドバック) 9点

アゴで威嚇

酒井宏樹選手はアゴが特徴的。

スローインの時は相手を威嚇して見事攻撃の起点となるスローインを連発。

先制点も酒井宏樹選手からのナイスクロスから。

お見事。

 

MF:長谷部誠ボランチ) 7.7点

視聴率が上がる要因を作った

W杯2大会連続でキャプテンマークを巻く、絶対的主将の長谷部選手。

その活躍はピッチ内に留まらずピッチ外でも活躍してるね。

甘いマスクに女性ファンが多い。

彼が女性ファンを囲いこんでいるのも視聴率の向上につながっていると思うよ。

でもミスパスは気をつけよう・・・

 

MF:山口蛍(ボランチ) 10点

職人

山口選手はこの試合で一番良かったなーと思う。

相手の攻撃の機会を徹底的に潰していた。

危機察知能力が高く、今の日本代表には欠かせないのではないかな。

ドイツから逃亡してきたのは少し残念だけど、また這い上がってほしい。

マン・オブ・ザ・マッチではない。

 

MF:本田圭佑(右サイドハーフ) 1点

彼の力はこんなものじゃない

僕の大好きな本田圭佑選手。

本当は10点付けたいところだけど、勝ったから1点。

W杯予選7戦連続ゴールと紛れも無く日本代表のエース。

今は色々な批判があるけど、彼が今まで日本を救ってきたのは確かだし、

今後も彼は日本を助けると思う。

「空振りはもっと成長しろという神のお告げですね」

じゅんいちダビッドソンがそんな真似をするのではないかな。

 

MF:香川真司(トップ下) 1点

このままではモノマネ芸人に負ける

本田選手と並んで日本のエース。

エースとしては1点だね。

彼は本当に技術が高い選手。技術はワールドクラスといっても過言ではない。

そんな彼が得点に絡めていないのは日本の不安要素。

彼自身危機感は感じていると思うが早く復活しないと日本は危ない。

モノマネ芸人の方が活躍している・・・

 

MF:原口元気(左サイドハーフ) 10点

文句なし

ゴールを奪った。

ゴール以外はもちろん、イージなミスやシュート精度を欠く部分があったけど、

そこは次回の課題として修正していけばOK

ナイスゴール!(ひとりごと:女性ファン増やすためにもっと笑おう)

 

FW:浅野拓磨センターフォワード) 10点

文句なし

今大会最年少の浅野選手。

初先発にも動じず素晴らしい活躍だった。

自分の強みをしっかり分かっていて、その強みであるスピードを活かしたゴールだった。

期待の高い選手だと思う。

先輩に遠慮せず、パスを要求すればもっと得点機会に絡める。

 

途中出場の選手は出場時間が短いため評価できず簡単メモ

 

武藤嘉紀選手

顔がかっこ良くて女性に人気

 

宇佐美貴史選手

もう少しベンチでのアップ頑張ろう

 

小林悠選手

もっと存在感だしていこう

 

ベンチのコーチ -100点

試合中に欠伸をしていた

これはしかるべき罰をうけるべきだね。

 

 

以上を踏まえてマン・オブ・ザ・マッチは・・・

 

解説の松木安太郎さん です!

試合をコントロールし、視聴者を盛り上げましたね。次回もテレビ朝日に期待。

 

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20160907114117j:plain

 

「一番にやることの大切さ」

 「勢いが 自分の人生 左右する」 by平成の石川啄木

 

どうも、"平成の石川啄木”です。

俳句の勉強を始めようと思います。(笑)

ゆくゆくは出会う人一人一人に合う言葉を贈れたら最高ですね。

 

先日学生時代の恩師と食事に行きました。

実は2人での食事は初めてで、色々な話をさせて頂きました。

その中でも「一番にやることの大切さ」という点で大きな学びがありましたのでご紹介しますね~。

 

今回【私の仕事】、【先生の指導方法】、【先生の学者としての仕事】

大きく分けると、話した内容はこの3つですね。

 

まず【私の仕事】について。

インターネット広告業界で日々邁進している話をしました。

消費者のデジタル化が進む中で僕らができることはなんだろう、なんてことを話したりしてました。

仕事の内容はほどほどに何をするかよりも、誰とやるのか、何に向かうのかが大事だねって会話をしました。

僕の会社↓

「グループ」-働きたい会社2年連続NO.1-

voyagegroup.com

「所属している会社」-日本最大のSSP-

corp.fluct.jp

 

次に【先生の指導方法】

色々と確信をつく言葉が多かったが、僕の言葉に置き換えると「社会で負けない人間の形成」を目指しているという印象。

何より学ばないといけないものは人間性であり、人間性が豊かな者は様々な壁を乗り越えていける。

逆に自分より能力が高い人が多くいる社会で人間性がない人間は生きていけない。

そんな会話をしました。

 

最後に【先生の学者としての仕事】

先生の研究テーマとしては「地域医療の再生」。

シンプルに言うと、病院の経営の立て直しをされています。

この研究テーマでは第一人者です。

現在も全国各地を飛び回っていて、売れっ子的存在です(笑)

有名な話だと夕張市の病院経営アドバイザーを担った話ではないかなと思います。

これね↓読んでみよ!

www.amazon.co.jp

さて、今回の学び「一番にやることの大切さ」についての話です。

先生は「第一人者」ということに強いこだわりを持っていて、何をするにも一番にやることで世間の評価に繋がっていくと言っていました。

僕自身医療再生のことについて知見があるわけではないですが、何事においても一番というのは非常に重要な事だと思っています。

一番に実行した人が注目される

わかりやすい例だと、体操の技の名前ですね。

白井健三選手が初めて成功させた技は「シライ」と命名されています。

無論、医療再生は専門性が高く、体操選手も一部の人間に限られてきます。

でも、僕達が日常生活を送るなかで少なからず「一番にやる」チャンスは転がっていると思います。

新規事業計画でも良いでしょう

新しい営業手法でも良いでしょう

もっと言えば、

社内で掃除を始めるでも良いでしょう

挨拶運動を始めるでも良いでしょう

僕達は常にチャンスと向き合っています。

先生の言葉からはそんな事が感じられました。

 

本当はもっと色々なこと話ましたが、それはまたどこかのタイミングで紹介します。

2時間という短い食事会でしたが非常に有意義でした。

先生ありがとうございました。

 

@豚・焼肉酒房 とん豚デジ 大宮店

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20160907102231j:plain