"平成の石川啄木”が気になること

巷では"平成の石川啄木”と言われています。私は詩人ではありません。短命の可能性はあります。将来、「サッカー界を変えよう」と企んでいる青年です。日々感じることをありのままに綴っていきます。

大阪出張で飛田新地を訪問!衝撃!

「これぞ、日本の文化だ!」

大阪にある飛田新地で衝撃をうけた平成の石川啄木です。

 

先日出張で大阪に行きました。

商談を終え、僕と上司は噂で聞いている飛田新地を観に行くことになりました(あくまで観光ですよ笑)

噂で聞いたことは

飛田新地は異次元」

飛田新地は風○街」

飛田新地は料亭」

え!?どんなどこだよ。ってイメージもつきませんでした。

 

まず、僕らは大阪新世界(通天閣があるところ)の入り口から入りました。

そこで瞬時に思ったこと。

「治安がとてつもなく悪い」

正直飛田新地にたどり着けるのかな・・・と思いましたね。

 

細い商店街をビクビク歩くこと15分。料亭が連なる街並みが見えてきました。

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20160917120015j:plain

あ~これが料亭と言っていたやつか!

「案外普通なところだね~」なんて上司と話していたのもつかの間・・・

 

料亭からおばちゃんの声がしました。

なんだなんだ。

「よく見てみるとそこにポツリと女の子が座っているではないですか!」

おばちゃんは必死に声をかけてきます。(客引きです)

なるほど、全てが繋がった瞬間でした。

 

料亭とはあくまで風営法を免れるための口実に過ぎず、実際は遊郭(風○街)でした。

各料亭に看板娘(風○嬢)が人形のように笑って手をふってきました。

料亭は何通りにも連なっていておそらく100件はゆうに超えるのではないかと思います。気になる看板娘はアイドル、モデルレベルの子がずらりと・・・

僕は衝撃をうけました。日本にこんなところがあるのかと。

もちろん、あくまで観光として行ったので料亭に入ることはしませんでしたが、とても記憶に残るスポットでした。笑

実際の料亭について気になる方はこんな記事読めば良いかなと

初めて飛田新地へ行った結果www(遊び方編):週報!週末の過ごし方 - ブロマガ

 

一つ言えることは飛田新地は日本の文化として是非とも残してほしい。

楽しい大阪出張でした。