読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"平成の石川啄木”が気になること

巷では"平成の石川啄木”と言われています。私は詩人ではありません。短命の可能性はあります。広告業界で働く若武者です。日々感じることをありのままに綴っていきます。

1年の振り返りは"甘い評価"と"高い目標"が大切

今年もあと1ヶ月で終わりますね~。

この時期になると、多くの人(意識高い系)は「1年どうだったかな」と振り返るタイミングではないでしょうか?

もっと短い期間で目標の振り返りはした方が良いけど方法は人それぞれかな。

今回は僕自身の『1年の振り返り方法』で今年を振り返ってみようと思います。

 

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20161203110725j:plain

 

僕が意識しているのは今年を甘く評価することと、来年の目標をとてつもなく高くすることを意識しています。

当然理由があります。それは『ちゃんと自分を好きになるため』です。

 

振り返り方法

まず1年間死ぬことなく生きてきました。

これは素晴らしいこと。今日まで生きた自分を最大限褒めてあげましょう!

「あんな辛いこともあったのに・・・よう頑張った」

 

昨年色んな目標を立てたと思いますが、それは一旦無視します(何を立てたかは残しておきます)。

よく仕事では「目標に対して、どうなのか?」と言われること多いです。

もちろん、仕事にとっては欠かせないことだと思います。

そもそもそれができていないと目標の意味はありませんね。なので、普段は僕自身も目標に対してどうだったのかは振り返るようにしています。

でも1年単位ではしません。

今回は1年単位では、『僕が1年やってきたこと』を振り返ります。

ほんとにざっくりで良いです。

 

★2016年色々やりました

--------------------------------------------

・転職して給料UPしました

・社内で新規事業案2つ立案しました(1つは本選考へ)

・国内のマーケターが集まるブランドサミットへ業界未経験ながら参加しました

・毎朝7:00に会社に行きました

・英語勉強スタートさせました

・本96冊読みました

・関わる人が500人増えました

・女の子と遊ぶ回数を1/3くらいにしました

--------------------------------------------

書き出してみると、「ほ~意外と頑張ったじゃん!」ってなりませんか?

僕はこの感覚が大事だと思います。

1年間自分を追い込んでやってきた自負もあれば、一方で結果としては全然足りていないという自己評価もあるのが本音だとは思います。

そういった気持ちをひっくるめて1年間こんなに色々できたのです。

来年の自信に繋げていく一歩にしていきましょう。

これが僕の甘い評価の振り返り方です。

 

目標の設定方法

振り返りは甘く評価しましたが、来年の目標はとてつもなく高く設定します。

やっぱり人間って目標以上のことは実行できないと思います。

それに"100%の目標""100%やりきる人"はほとんどいないでしょう。

だいたい、"無理して計画した150%の目標を目指して""120%をやる"

タイプは分かれますが、このパターンが多いと個人的に思います。

なので目標はとてつもなく高く!しておくべき。

 

★2017年色々やります

--------------------------------------------

・リーダーになります

・現在提供しているサービスの導入企業を10倍にします

・今の営業売上を10倍にします

・新規ナショナル企業を10社開拓します

・セミナーに登壇します

・新規事業案を10本企画します

・関西で2回勉強会を開催します

・3つの検定を受けるので全部合格します

・ブログを新規で2つ立ち上げます

・英会話に通い日常会話レベルをマスターします

・運動を継続して行います(トライアスロンでます)

・新しい友達を1,000人つくります

--------------------------------------------

これまた書き出してみると、「ほ~僕ってこんなにやっちゃうの?カッコイイ!」ってなりませんか?

ここまで目標が高くて多いと、目標に向かって走るしかないですね。

でもこれが全部達成できた時の自分を想像するとワクワクしませんか?

これが僕流のモチベーションアップの方法です。

 

以上、『誰にでもできる、振り返り方法と目標の設定方法』を紹介しました~

この機会に、自分を褒めて!自分を高めて!自分を好きになってみては?