"平成の石川啄木”が気になること

巷では"平成の石川啄木”と言われています。私は詩人ではありません。短命の可能性はあります。将来、「サッカー界を変えよう」と企んでいる青年です。日々感じることをありのままに綴っていきます。

「V・ファーレン長崎」を経営難から救い1年でJ1に昇格させた男

「今季、われわれはJ1を目指します。V・ファーレンも大変でしたが、皆さんのおかげで元気を取り戻しつつあります。ここからさらに改善していくために、現状を分析しながら立て直していきます。ですので皆さん、どうかこれからも応援してください!」
夏真っ只中の8月にファンに向けて1人の男が語りました。

「J1」を「ゼイワン」と発音する、独特の語り口。そして、見る者をうならせてやまない巧みな話術。今年4月25日にV・ファーレン長崎の社長に就任した、ジャパネット創業者高田明

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20171113221308j:plain

僕はこの時の就任スピーチをチラッとみた程度でしたがとても印象的でした。

そして、就任から約半年の2017年11月11日。宣言通りJ1への初昇格を果たしました。

僕は高田社長が語ったある部分がJ1昇格を現実的なものへと変えたのではないかと思っています。

【ここからさらに改善していくために、現状を分析しながら立て直していきます。】

現状を分析しながら立て直していきます、に込められた覚悟。一体高田社長は何をしたのでしょうか。


J1昇格が決まった直後でこんなことを語っています。

―何から着手したのか。

会社の仕組みができてない。まあサッカーだって経営ですよね。収支が合って初めて夢に近づく、やりたいことができるわけですから。経営の観点からクラブ運営がなされていなかった。ある面で「お金がなくてもこうしたい」と誰もが思うけど、私の経験上、やっぱり夢はそれを実現できるほどの、お金にしても、人にしても、なかったらできない。組織や人、資金がない中で、夢だけが先行しちゃったかな。夢を持っていたことを、前の経営者にどうこう言うことはない。同じくらい長崎を愛していたのだろうと思う。でも身の丈に合った経営あってのこと。「こんなにないの」というのが一番。組織もこんなにできてないの、と。半年で、こう言えるところまで、できてきたねという感じ。まだ完成ではない。どれだけ完成度を高められるか。

 

そう感じた高田社長は、まずジャパネットHDの経営方法にならってノウハウを活用

し、情報整理、労務整理を行います。

一方でトップ営業としてスポンサーを探す活動を行いました。

「営業も最初はやっぱりゼロから見直して、新しく発掘しないといけないところがある。」そういう思いから自らが動いたそうです。

とはいえ、高田社長が言うようにマイナスからゼロに戻せた程度。(たった半年と考えるとすごいけどw)

ましてや実際にその変革が、サッカーの試合の勝ちに直接的な何かをもたらしたとは言えないと思います。

 

ただ、高田社長の働きかけや組織改革により、チーム(会社)、ファンの意識は変わり、J1を目指す資格のあるチームになっていったのだと思います。

その結果、選手はサッカーに集中ができ、観客も日を増すごとに増員。

新しい盛り上がりを創り出しJ1昇格を果たしたのだと思います。

 

僕は高田明という人物を通販の人という程度でしか知りませんでしたが、”人を動かす力”というのは誰よりも長けているというのが今回のV・ファーレン長崎の昇格をもって感じるとることができました。

 

来年、厳しいJ1の戦いに向けて、高田社長がどんな施策を施すのか?

サッカーヲタクとしては注目したいポイントです。

 

V・ファーレン長崎J1昇格おめでとう!

【舞台】大奥~決別の夜明け~ byG-Rockets

後輩の知念沙耶が出演の舞台「大奥~決別の夜明け~」を観に行ってきました。

 

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20171112195841p:plain

この舞台は【アクロバットダンス×朗読×和太鼓】をテーマにしています。

異色の組み合わせですが、この組み合わせこそがこの舞台の肝です。

観ている人を魅了するアクロバティックなダンスと、伝統芸術の和太鼓。

そこにストーリー性を出すための朗読。一見アンバランスな組み合わせを、演出やダンスの質、そして声により新しいバランスを生み出していました。

そして女性社会の大奥を強さと美しさで表現されていてとてもGOODな舞台だったと思います。
また、会場には年齢・性別の垣根なく多くの方が来場されていて、皆さん楽しんでいたように感じます。

一言で表現すると「老若男女が楽しめるように文化統合された舞台」だったと思います。

 

さてさて、舞台を普段観に行く方ってどれくらいいるのでしょうか?

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20171112201119p:plain

アンケート調査だと舞台を一度も見たことない人は実に50%もいるんですね~。

僕から言わすと人生損してますよ(笑)

 

舞台の魅力ってどこ?ってのを少しご紹介します。

①失敗をすること

失敗こそ舞台の醍醐味です。映画やドラマはもちろん何度もやり直すことができるので我々の目に届く時は完璧な状態です。舞台は一発本番。その一回のために一生懸命稽古を重ねるわけですが、人間なので完璧は難しいです。動作、セリフというのは間違えてしまいます。ただその間違えがアドリブを生み出し、自然を創り出します。

②迫力があること

映画にはない迫力があります。演出によっては出演者が自分の真上や真横を通る時も、、、。これは音楽のLIVEに近い感覚ですね。音楽も自宅で聞くよりもLIVE会場で聞いた方がテンションが上がると思います。それと同じように撮影現場にいるような感覚を舞台では味わうことができるのです。

③感性が養われること

舞台は映画に比べると軽々と観に行けるものでもないですし、公演数も限られています。その分一回の公演で感じることは非常に多いです。特に、時代の進化と共に忘れかけている”文化”や”芸術”というものに触れるこは大変貴重です。何より「すごい」「素敵」と思うのですが、意外にも現在の仕事のヒントを得たりすることもあります。日常から離れていて感性が変わってるな~と思うことも魅力の1つです。

 

まあ実際には一度観てみるのが1番なんですけどね(笑)

是非一度足を運んで見て下さい~

最後に、知念沙耶の演技は結構イケてた!後輩ながら天晴!

 

【上映中】「ザ・サークル」を鑑賞しました

絶賛上映中の「ザ・サークル」という映画を観に行ってきました。

映画『ザ・サークル』公式サイト

 

今回見に行った理由は、#SNS というキーワードが目に止まったからです。

近頃は個人がSNSを通して自分自身を表現する、つまりはプライバシーを開放する文化が進んでいます。(instagramやストーリー)

 

まさに、「ザ・サークル」という映画は、SNS、プライバシーというバズワード軸にした映画。

「世界 No.1 のシェアを誇る超巨大 SNS 企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件を きっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェンジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの 24 時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に 1000 万人超のフォロワーを得てアイドル的な 存在になる」

というのが大枠のあらすじです。

 

映画比較サイトなど、ネットの評価では軒並み3点台評価が続く映画のようですが個人的にはとても考えさせられる部分が多かったです。

 

人は本当にプライバシーを望んでいるのか?

オープンになる世界とクローズドな世界。どちらが幸せなのか?

そんな事を思う内容でした。

 

面白さ、スリル、感動って部分では少し物足りないのでそれが3点台の評価かなって思います(笑)

あ、そうそう。

館内は企業に勤める人、特に経営層の人が多かった印象です。人によってはすごい魅力的な映画なのかもしれませんね。

 

最後

オススメ度:2.5点(5点満点中)

あらすじや口コミを見て、評価もみた上でも興味が持てる人は見た方が良い。そんな映画です。

f:id:heiseino1990ishikawatakuboku:20171111145235j:plain

自分がハゲた時ときようにメディアを作っているよ

 よくみんなに「おでこ広いね?」って言われるので、将来ないとは思うけど自分がハゲた時に約に経つようにメディアを作っているよ。

なんか色々調べると、結構若ハゲみたいので悩んでいる人は多いみたい。個人的には別にハゲたらスキンヘッドにすれば良いじゃーんって思うんだけどね~。

世の中そうでもないのかな。

 

xn--aga-j73b1ca4z6663bb9qay9az27s.net

 

まあ俺、一応”平成のおでこちゃん”なんだけどね~。

「戦略プロフェッショナル」は絶対に読むべき!

先日会社の先輩に薦められて「戦略プロフェッショナル」という本を購入しました。

この本が想像以上に学びが多い本だったため、ブログで記録を残しておきたいと思います。

 

「戦略プロフェッショナル」の著書である三枝匡さんは、ボストン・コンサルティング・グループ(BGC)によって日本国内で現地採用された日本人コンサルタントの第1号の方で、その後ベンチャーキャピタルの代表を務められたりし、現在は企業再生のスペシャリストとして企業の支援を行っています。

 

本書はビジネス書なのですが、実話に基づいた物語をもとに戦略とは何かを説いていくという非常に読みやす本になっています。

物語の内容についてはネタバレが多くなるのでここでは書きませんが、私自身が重要だと思ったことを箇条書きで記載していこうと思います。

 

【Keyword】

●日本はインテリ戦略マンが多い

●戦略の鍵はプライオリティを明確にすること

●粗利益率の重要性

●シンプルなセグメンテーション

●ダイナミックな組織改革

 

実話に基づいた実践的な戦略方法を紹介しているため、机上の空論ではなく今日から実行できる戦略が多いと思います。

 

www.amazon.co.jp